ヒデのプロフィール

どうも、管理人の「ヒデ」です。
   
当サイト「今スグ!童貞を捨てる方法を伝授します」にお越し頂きありがとうございます。
プロフィールまで興味を持っていだだき、重ねて感謝です(^^)

当サイトでは、20歳まで「年齢=彼女いない歴」の僕が初めての出会い系を体験し、4日後には「童貞を捨てた」経緯を詳しくご紹介しています。

僕のスペック

  • 20歳まで年齢=彼女いない歴を継続していた
  • 現在36歳⇒今ではヤリチンw?
  • 彼女がいなかったのは、「学生時代は部活が忙しくて」が言い訳(単なる非モテ組)
  • 童貞を卒業後は男として根拠のない「自信」を武器に彼女、セフレを作ったりやワンナイトラブを楽しんでいる←早く落ち着け

当サイトのメイン⇒PCMAX講座

友人たちが次々と童貞を卒業していく日々は地獄・・・

僕が学生時代(高校)周りの友人、知人の「童貞卒業率」はけっこうな高さでした。

「あいつ、ついにあの子とヤっちゃったらしい!」

「えッ!お前いつ童貞捨てたんだよー」

当初はみんな童貞を捨てることに夢中な時代でしたw

ですが、僕は昔から奥手で好きな女の子の前では「緊張し過ぎて話せない」ピュアボーイでした。

そんなキャラが定着してしまった僕はもう童貞街道まっしぐら。

学生時代は「あの子可愛いな~、ヤリタイな~」って思うだけで、お家帰ってシコってましたねw

今思うと、空しくて、寂しい青春時代です(;´д`)トホホ

ついに卒業、「童貞捨てるぞ!」

高校を卒業後、すぐに就職した僕は社会の厳しさを知りました。

残業、残業、また残業って疲れすぎて「童貞捨てられないじゃん」って嘆く毎日。

ですがそんな馬車馬のような仕事も1年も続けていれば慣れてくるものです。

ようやく生活リズムも安定してきて20歳になった今年こそ「童貞にさよなら」しようと決意しました。

友人、知人の協力を得て「彼女を作ろう」と実践しましたが、緊張し過ぎて話せない性格は変わっていませんので難なく撃沈。

まずは場数を踏もうと思い、手を出したのが「出会い系」です。

初めての出会い系は新鮮だったけど・・・

使った出会い系サイトは「iMAX」(現在はPCMAX)。

当初は現在の出会い系サイトのようなオープンなものでなく、もっと闇深いものでした。
※誰が運営してるか分からないサイトも多数あった(^^;)

なので、なるべく大手の出会い系サイトを使いたいと思ったんですね。

さて出会い系サイトに登録後、僕はさっそく行動に出ました。

話が長くなるので・・・詳しい体験談はコチラ

某無料掲示板での「ある男性」からメッセージをもらった!

僕は現在「PCMAX」をメインとして使っていますが「無料掲示板」も暇つぶしに使っているんです。

まぁほぼ出会いはないので期待はしていないんですが(男ばっかり)。

ある日、唐突にある男性から「実際に出会えてますか?」という内容のメッセージをもらいました。

彼「全く出会えない!どうやったら出会えるんですか?」

僕「無料掲示板オンリーだとさすがに厳しいですよ」

彼「そうなんですか?ぜひ出会いの秘訣を伝授して下さい!」

・・・やり取りは続きました。

彼が出会えない理由はたくさんありました。

ちなみに彼は童貞(^^;)

「彼」のように童貞を捨てられない人達がいる!

  • いまだに無料掲示板にしがみついている
  • 最終的には風俗で童貞を捨てればいいと思っている
  • もう童貞を捨てるのは諦めた

実際に聞いたお話しやヤフー知恵袋などの深い悩みなども合わせると「深刻な悩み」であることが分かりました。

もしかして「僕の童貞の捨てた方法」や「正しい出会い系サイトの使い方」はあなたに役立つのでは?

という想いが沸き起こり、当サイト「今スグ!童貞を捨てる方法を伝授します」を立ち上げました。

無料掲示板+PCMAXで童貞脱出!

僕がメインで使っているのは「PCMAX」ですが、サブとして無料掲示板「バクサイ」も使っています。

まずはメインの「PCMAX」で基礎固めをし、無料掲示板でもアプローチしていくという方法を取っていますよ。

具体的には、

  1. 「PCMAX」でプロフィールをしっかり作り込む
  2. 「PCMAX」の掲示板に募集をかける
  3. 「PCMAX」で気になった子にアプローチ
  4. 無料掲示板にレス(書き込み)を残す⇒メアドも載せておく※フリーメールや捨てアドでもOK!
  5. レスしたら無料掲示板は基本放置

簡単に説明するとこんな流れですね。

返報性の法則「人に役立つことをすると自分に返ってくる」

ビジネスや恋愛でもよく使われる心理学の1つです。

僕は「返報性の法則」を意識してサイト運営をしています。

僕にできることは「役立つ情報」を提供すること。

もちろん、いずれ「経験や知識など何からの形で自分にも役立つ」という淡い期待もありますがねw

ちなみに僕はこのように「文章が書くのが好き」、「サイトを作るのが好き」というのも当サイトを運営している理由の1つです。

まずは童貞を捨てましょう♪

当サイトを通して、得た知識をフル活用すればあなたも童貞を捨てられます。

僕も応援していますよ。

Good Luck (^^)/

僕が20歳で童貞を捨てた「体験談」

お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする